業務案内

浦和防水工業株式会社は埼玉県さいたま市に事務所を構え、埼玉県川口市など主に県内のマンション・ビル・戸建て住宅・店舗を対象とする防水工事を行なっています。施工だけでなくアフターフォローにも対応しています。ベテランの職人による責任施工で建物の長寿命化を図ります。
こちらのページでは、弊社の業務内容についてご紹介しております。
弊社求人に興味をおもちの求職者さま・シート防水など防水工事の業者をお探しの方はぜひご覧ください。

防水工事

雨水によって濡れやすい箇所に防水処理を施すことは、建築物や構造物の寿命を延ばすうえでとても大切です。直射日光や気温の変化によるダメージを防止・修復する観点においても効果を発揮します。
弊社では建物の構造や防水材の種類・使用目的に応じて適切な防水工事を行なっています。また、完璧に施工できても時間の経過によって必ず劣化が生じるため、定期的なメンテナンスが必要です。建物の構造内部に雨水が浸入するのを防ぎ、万全の状態で長く快適に利用できる建物を実現いたします。
以下、弊社でご提供可能な防水工事の種類です。

シート防水

シート防水とは、シート状の防水材を用いて防水層を作る防水工事のことです。
費用対効果の高さが特徴で、ベランダや屋上の防水には高い確率でシート防水が用いられるほどメジャーな防水工事です。
弊社では、塩ビシート・ゴムシート・長尺シートを用いた防水工事に対応しております。施工箇所やご要望に応じ、最適なシートを選択したシート防水をお届けいたします。
それぞれのシートの特徴は以下の通りです。

塩ビシート:強度・耐久性共に優れた塩化ビニル樹脂製のシートです。
ゴムシート:安価で耐候性が高く、さらに伸縮性にも優れた合成ゴムのシートです。
長尺シート:防音性と防滑性に優れ、複雑な形状の下地にも対応できるシートです。

ウレタン塗膜防水

ウレタン樹脂を塗布して防水層を作る防水工事を、ウレタン塗膜防水といいます。
ウレタン樹脂は湿気や異液混合による化学反応で硬化する性質があり、硬化したウレタン樹脂を防水層として利用します。
シート防水は複数のシートを組み合わせて防水層を作ることから、その継ぎ目から劣化が進行する恐れがありますが、ウレタン塗膜防水は前述のように塗布して防水層を作るゆえ、継ぎ目が発生せず、漏水のリスクもありません。
ただ塗布という施工方法から作業者の技量によって品質が左右されやすいのは事実です。弊社では、豊富な現場経験を持つ腕自慢の職人が揃っておりますので、いかなる現場におきましても高品質なウレタン塗膜防水のご提供が可能です。

アスファルト防水トーチ工法

液状のアスファルトでコーティングされた合成繊維不織布シートを使用した防水工事が、アスファルト防水です。アスファルト防水の工法にも種類がありますが、弊社ではトーチ工法によるアスファルト防水をご提供しております。
トーチ工法とは、シートをトーチバーナーで高温に加熱し、溶かしながら施工箇所に接着する工法のことです。シートがうまく溶融しているかどうかの判別は非常に難しく、作業者の腕がシビアに反映される工法でもあります。こうした難易度の高い工法も問題なく実施できる職人も弊社に在籍しております。高品質なアスファルト防水をお求めなら、浦和防水工業株式会社にお任せください。

お問い合わせ  各種募集